Skip to Content

SAP TechEd ラスベガス 2015: 旧 Sybase 製品&関連 HANA Platform 機能トラックおすすめセッション

Tags:

SAP TechEd ラスベガス2015 での、旧 Sybase 製品および関連 HANA Platform 機能に関するセッションをご紹介します。

旧 Sybase 製品は、今後も単体での開発・販売も継続される予定ですが、一方で、プラットフォーム化が進むHANA Platform の機能としての融合も進んでいます。

お客様は、お客様のニーズに合わせて、単体でのSybase製品の組み合わせを選択されることも可能ですし、HANA Platform における Sybase 技術を選択されることも可能です。

TechEd ラスベガスでは、どちらのセッションも用意されていますが、旧Sybase製品単体のセッションへも参加されて製品単体での特長を理解されると、それが HANA Platform 上でどのように活かされているのか、HANA Platform としてどう活用できるのかを理解しやすくなると思いますので、ぜひどちらのセッションも参加されることをおすすめします。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                         

関連製品:技術セッション IDタイトル説明タイプレベルターゲットホットトピックトピック

ASE,

Replication Server

DMM101SAP Adaptive Server Enterprise: Cloud Implementation and Important Features
     
SAP Adaptive Server Enterprise: クラウドへの実装と重要機能
多方面に拡大し続ける今日のエンタープライズ企業はオンプレミスやクラウド環境に分散する複雑なデータを処理しています。洞察が可能になることで、ビジネスの機敏性と継続性を実現するためのビッグデータのアプリケーションでは、大量かつ異種の情報を高速に処理する必要があります。このセッションでは、SAP ASE と SAP Replication Server を利用することでこの課題にどう対処できるのか、詳細に説明します。レクチャー(1時間)ビギナー:このトピックに関して技術経験なしプロダクトマネージャークラウドクラウド
ASEDMM102SAP Adaptive Server Enterprise: 16 Future Directions
SAP ASE : version 16 における機能と方向性
このセッションでは、SAP ASE の将来の方向性を決めるテクノロジーとビジネスのドライバーに重点を置くとともに、近くリリースされる SAP ASE の最新版や、将来の方向性のロードマップについてご紹介します。また、将来のバージョンのキーとなるいくつかの技術革新についてもフォーカスします。レクチャー(1時間)ビギナー:このトピックに関して技術経験なしアーキテクト、データベース管理者、データベース設計者ビッグデータデータベーステクノロジー
ASE, Replication ServerDMM222Providing HADR with Zero Data Loss in SAP ASE Custom Applications
     
SAP ASE を使用したカスタムアプリケーションにおけるデータロスゼロで実現するHADR
ASE - to - ASE レプリケーションの高可用性災害時リカバリー (HADR)  において、確実にデータロスゼロを実現するためのCI プロトコルによる同期レプリケーションが可能になりました。この機能は、既存の非同期レプリケーションモデルおよび準同期レプリケーションモデルと相互に機能します。また、これには SAP ASE always-on オプションが必要になります (計画、非計画のフェールオーバー/フェールバックを含みます)。 レクチャー(2時間)中級:このトピックに関して技術経験が少しある管理者、データベース管理者、データベース開発者、システム 管理者 、テクニカル アーキテクト事業継続(ビジネスコンティニュイティ)、データベーステクノロジー、データベース管理、高可用性、レプリケーション
ASE, Replication ServerDMM162Using SAP ASE Cockpit for Database Administration and Monitoring
     
SAP ASE コックピットを使ったデータベースの管理と監視
このセッションでは、SAP ASE のコックピットの使用方法を学びます。コックピットの起動、設定、シンプル化したアラートなど基本的なところから始め、ワークロードアナライザオプション、(HADRのための)always-on オプション、データストア、アクセス管理などの新機能、SAP Replication Server のツールやSAP DB Control Center との統合などの演習も行います。最後に Q&A も設けます。 ハンズオンワークショップ (2時間)ビギナー:このトピックに関して技術経験なし管理者、アプリケーション 管理者、データベース管理者、IT マネージャー、システム 管理者ユーザーエクスペリエンス、セキュリティダッシュボード、データベース管理、システム管理、システムランドスケープ管理、システム管理、ユーザ管理
ASE, Replication Server, HANADMM200Best Practices for Migrating SAP Business Suite to SAP ASE
     
SAP Business Suite のSAP ASE へのマイグレーションのベストプラクティス
このセッションでは、SAP Business Suite のアプリケーションを他の RDBMS から SAP ASE にマイグレーションする際に遭遇するベストプラクティス、例えばサイジング、データとインデックスの圧縮のベストプラクティスや、共通の問題、デバッグに関する Tips などについて紹介します。また、統合された DR など大規模環境で使用する機能、SAP HANA Platform へのパスとしてのSAP ASE、バージョン 16 SP01 における SAP Business Warehouse 向けの機能強化などについてもカバーします。レクチャー(2時間)中級:このトピックに関して技術経験が少しあるデータベース管理者、システム 管理者 、ソリューション アーキテクトSAP HANA Platformデータベーステクノロジー、データベース管理、実装、マイグレーション
ASEDMM201Building XOLTP Applications Using SAP ASE In-Memory Technology
     
SAP ASE インメモリ技術を使用した XOLTP (Extream OLTP)アプリケーション
今日のトランザクション数の爆発的な増大に対応するため、超 OLTP (XOLTP, Extreme OLTP) のアプリケーション開発のニーズが高まっています。このセッションでは、このニーズを満たすことのできる SAP ASE の革新的なインメモリー処理機能についてご紹介します。コンパイルされたクエリ、トランザクションメモリ、 MVCC (マルチバージョン コンカレンシー コントロール) などによるデータローキャッシング、バッファキャッシュエクステンションなど、高スループット・低レイテンシ環境において SAP ASE は高い価値を提供します。レクチャー(1時間)中級:このトピックに関して技術経験が少しあるデータベース管理者、データベース設計者、データベース開発者、エンタープライズ アーキテクト、アプリケーション開発のトップSAP HANA Platformアーキテクチャー、データベーステクノロジー
ASEDMM207Technical Overview of SAP ASE, Release 16 SP02
     
SAP ASE 16 SP02 の技術概要
SAP ASE の次のメジャーリリースでは、パフォーマンス、スケーラビリティー向上のためのインメモリー技術の強化、ワークロードのキャプチャ、ストレージの最適化のためのヒートマップ分析、HADR の自動化、SAP HANA Platform との統合などの新機能が実装されます。このセッションでは、これらSAP ASE 16 SP02 における主な新規機能をご紹介するとともに、この機能の活用方法もご紹介します。レクチャー(1時間)中級:このトピックに関して技術経験が少しある管理者、データベース設計者、データベース開発者SAP HANA Platformデータベーステクノロジー
ASE,  HANA, Replication ServerDMM202SAP HANA Accelerator for SAP ASE
     
SAP ASE のための SAP HANA Accelerator
多くのお客様が、SAP Replication Server を SAP ASE のレポーティングインスタンスを作成するために使用しています。SAP ASE とSAP HANA の新機能により、SAP ASE OLTP インスタンスのレポートアクセラレーターとして SAP HANA を使用することができるようになりました。つまり、SAP ASE のストアドプロシージャーを SAP HANA テーブルにあるデータに対して実行することが可能になりました。これにより、レポーティングの応答時間が驚くほど短縮できるようになりました。このセッションでは、この機能の説明とともにデモもご紹介します。レクチャー(1時間)中級:このトピックに関して技術経験が少しあるデータベース管理者、データベース開発者SAP HANA Platformアーキテクチャー、データ統合、データベーステクノロジー
Replication Server,  HANADMM105Heterogeneous RDBMS Replication to SAP HANA Using SAP Replication Server
     
SAP Replication Server を使用した異種RDBMSとHANA とのレプリケーション
SAP Replication Server の主な特長は、異種のトランザクショナルソース(SAP HANA, ASE, Oracle, Microsoft SQL Server, IBM DB2など)からHANA データベースターゲットへデータを移動させられることです。SAP Replication Server は、証明済の技術により、高速パフォーマンスを必要とする環境において継続的なレプリケーションが可能です。このセッションでは、リアルワールドに存在する問題の詳細と、SAP Replication Server が解決するソリューション事例をご紹介します。レクチャー(1時間)ビギナー:このトピックに関して技術経験なしアナリスト、データベース管理者、インテグレーション開発者SAP HANA Platform、ビッグデータデータ統合、マイグレーション、パフォーマンス、レプリケーション、ビッグデータ、データプロビジョニング
IQDMM206Supercharging SAP IQ with MapR-FS; Exploring the SAP IQ Scalabilty Road Map
     
SAP IQ をMapR-FSでスーパーチャージ。
SAP IQ スケーラビリティーのロードマップの展開
SAP Mobile Services と MapT Technoogies 社は、MapR ファイルシステム(MapR-FS)のトップで稼働する SAP IQ カラム型分析データベースのパフォーマンスをテストするために、パートナーシップを締結しています。このパートナーシップにより、near-linear なスケーラビリティーで、 SAP IQ データベースの驚異的な I/Oパフォーマンス結果をたたき出しました。このセッションでは、このソリューションのアーキテクチャー、テスト結果、そしてSAP IQ データベースのストレージテクノロジーとして MapR-FS を選択するメリットなどについて説明します。SAP IQ のスケーラビリティーのロードマップについてもふれます。レクチャー(1時間)中級:このトピックに関して技術経験が少しあるデータベース管理者ビッグデータデータベーステクノロジー、分析、ビッグデータ、Hadoop
HANA, IQDMM261Managing Hot and Warm Data with SAP HANA Dynamic Tiering
     
SAP HANA Dynamic Tiering によるホットデータおよびウォームデータの管理
SAP HANA Platform のオプションである SAP HANA dynamic tiering の機能は、ディスクベースのデータストレージとデータプロセス機能を追加することで、異なるストレージ層のデータ管理をサポートします。このセッションでは、インメモリーベースとディスクベースのテーブルの対処方法、異なるストレージ層間のデータ移動や、dynamic tieringで使用するための情報モデルの作成と最適化方法などについて説明します。ハンズオンワークショップ (2時間)中級:このトピックに関して技術経験が少しあるアーキテクト、データベース管理者、データベース開発者、実装 コンサルタント、情報アーキテクトSAP HANA Platform、ビッグデータデータベーステクノロジー、データベース管理、EDW、TCO、ビッグデータ、SAP HANA Platform
IQ, HANADMM267Installing and Configuring SAP IQ for Near-Line Storage for SAP BW
     
SAP IQ for Near-Line Storage のインストールと設定
このハンズオンのセッションでは、SAP Business Warehouse (SAP BW) の near-line storage としてのSAP IQ のインストール、設定、バックアップ、リカバリー、コックピット、監視などついて学びます。SAP BW において near-line storage がどう機能するのか、また、near-line storage 設定の最適化に使用する様々なパラメーターに関する理解を深めるとともに、near-line storage にアクセスするための SAP HANA のsmart data access 機能の設定方法についても説明します。ハンズオンワークショップ (2時間)中級:このトピックに関して技術経験が少しある管理者、BI 管理者、データベース管理者、実装 コンサルタント、テクニカル コンサルタントSAP HANA Platform、ビッグデータBI、データアーカイブ、データベーステクノロジー、EDW、インストール、SAP HANA Platform
SQL AnywhereDMM106Introduction to SAP SQL Anywhere
SAP SQL Anywhere の紹介
このセッションでは、自己管理型 RDBMS である SQL Anywhere スイートが、データベースの設定、監視、管理のためのリソースを置けないモバイルやリモート拠点のアプリケーション用データベースとしてなぜ最適なのか、そしてSAP HANA、SAP ASE、SAP IQ あるいは Oracle やMySQL、Microsoft SQL Server、IBM DB2といった基幹のデータベースと SQL Anywhere がいかに簡単にデータ同期できるか、などについて説明します。レクチャー(1時間)ビギナー:このトピックに関して技術経験なしアプリケーション開発者、アーキテクト、データベース開発者、モバイル開発者SAP HANA Platform、モノのインターネット (IoT)アーキテクチャー、データベーステクノロジー、モバイル 、OEM パートナー、モノのインターネット (IoT)
HANA, SQL Anywhere, ESP,IQDMM104Event Stream Integration and Analysis for SAP HANA and the IoT
     
SAP HANA や IoT のための Event Stream 機能の統合と分析
このセッションでは、今日 IoT として注目されている - スマートデバイスからのデータストリームをどう収集して分析するのか - に関する end-to-end のシナリオにフォーカスします。デバイスから入手できる情報をリアルタイムにキャプチャ、分析、アクションするためには、SAP HANA smart data streaming、SAP HANA のpredictive analysis ライブラリ、SQL Anywhere スイート、SAP HANA remote data sync、 SAP HANA dynamic tiering、Apache Hadoop など、様々なテクノロジーをどのように組み合わせて適用すればよいのか説明します。レクチャー(1時間)ビギナー:このトピックに関して技術経験なしアプリケーション開発者、アーキテクト、CTO、開発者SAP HANA Platform、ビッグデータ、モノのインターネット (IoT)開発ツール、データ統合、ビッグデータ、Hadoop、SAP HANA Platform、モノのインターネット (IoT)
HANA, SQL AnywhereDMM108Using SAP HANA Remote Data Sync to Build Remote Applications
     
SAP HANA SPS10 で追加された Remote Data Sync 機能を利用してリモート拠点のアプリケーションを構築する
SAP HANA SPS10 で追加された remote data sync の機能を利用してリモート拠点やモバイル、IoT用のカスタムアプリケーションを構築しましょう。
SAP HANA の real-time replication オプションの一部として、remote data sync 機能は双方向かつセッションベースの同期機能を実現しました。SAP HANA のデータをリモート拠点にどう同期するのか、送信データや受信データをどう制限するのか、どのように競合解決するのか、どのようにセキュリティを確保するのか、などについてこのセッションで学んでください。
レクチャー(1時間)ビギナー:このトピックに関して技術経験なしアプリケーション コンサルタント 、アーキテクト、データベース開発者、エンタープライズ アーキテクト、モバイル開発者クラウド、SAP HANA Platform、ビッグデータ、モノのインターネット (IoT)クラウド 、データベーステクノロジー、モバイル 、ビッグデータ、SAP HANA Platform、モノのインターネット (IoT)
HANA, IQDMM263SAP Hana Smart Data Access: Tuning and Troubleshooting
     
SAP Hana Smart Data Access : チューニングとトラブルシューティング
このセッションでは、SAP HANA platform における smart data access の設定方法のベストプラクティスについて学びます。SAP HANA やリモートデータベースに格納されるデータのクエリがどのように実行されるのかを理解することによって、最高のクエリーパフォーマンスを発揮する smart data access パラメーターの設定方法を学びます。ハンズオンワークショップ (2時間)中級:このトピックに関して技術経験が少しあるアプリケーション開発者、アーキテクト、データベース管理者、データベース設計者、インテグレーション開発者SAP HANA Platform、ビッグデータデータ統合、ビッグデータ、SAP HANA Platform
Power DesignerDMM103Architecting your Enterprise with SAP PowerDesigner
     
SAP PowerDesigner を利用したシステム設計
エンタープライズアーキテクチャーとは、企業全体のビジネスとテクノロジーの変化をキャプチャー、コミュニケーション、サポート、ドライブすることを目的として設計された、コンセプトモデルです。このセッションでは、包括的なエンタープライズアーキテクチャーを構築するために必要な、効果的なビジネス、データ、アプリケーション、そしてテクニカルモデリングを実現するためのソフトウェアである、SAP PowerDesigner ソフトウェアの使用方法について説明し、デモをお見せします。レクチャー(1時間)ビギナー:このトピックに関して技術経験なしアーキテクト、ビジネスプロセス アーキテクト 、エンタープライズ アーキテクト、情報アーキテクト、ソリューション アーキテクトSAP HANA Platformアーキテクチャー、ビジネスプランニング、ビジネスプロセス管理、ビジネスプロセスモデリング、コラボレーション、メタデータ管理
Power DesignerDMM209Architecting for the Internet of Things
     
モノのインターネット(IoT) のためのシステム設計
モノのインターネット(IoT)のメリットを享受するためには、事業変換を加速させる必要があります。そしてそのためには、まず計画を立てることが重要です。さらに、その計画が実装をシンプルにするものであること、実装を加速させるものであることが重要になります。このセッションでは、モノのインターネット(IoT)を設計するための SAP PowerDesigner の使用方法について学ぶとともに、次世代のプロセス、アプリケーション、情報システムを実現するために必要なシンプル性をドライブするために必要なエンタープライズアーキテクチャーの価値について掘り下げます。レクチャー(1時間)中級:このトピックに関して技術経験が少しある管理者、アーキテクト、コンサルタント、エンタープライズ アーキテクト、ソリューション アーキテクトSAP HANA Platform、モノのインターネット (IoT)アーキテクチャー、メタデータ管理、UI、ユーザーエクスペリエンス

No comments