Skip to Content

ランドスケープ分析レポート

この文書はSAP Community Network Wiki 掲載の『Landscape Analysis Reportを日本語化した文書です。

原文はToby Johnston (SAP Employee)によって執筆されました。

2014/11/20バージョン


ランドスケープ分析レポートはBI Platform Support Toolのコア機能です。

CMSに接続し、システムからデータを抽出し、クライアントシステム内にインタラクティブなレポートを作成します。

ランドスケープ分析レポートのサブレポートはBIプラットフォームシステムの様々な特定のエリアのデータレポートからなります。


ランドスケープ分析レポート


ランドスケープ分析レポートはCMS(Central Management Server)に接続し、データを抽出し、レポートを実行したクライアント内に作成します。

レポートは新しいメッセージのためにSAPサポートに送ることもでき、メッセージ処理に先立ち正確なランドスケープの構成情報をエンジニアに伝えることができます。

ひとつのランドスケープ分析レポートは、ひとつのCMSクラスター単位に出力されます。したがって、もし複数システム環境(開発、本番など)が存在する場合、それぞれの環境でランドスケープ分析をする必要があります。

ランドスケープ分析レポート

ランドスケープ分析はサーバーの設定、コマンドラインの引数、メモリーの設定、パフォーマン指標さらにサーバー構成情報のようなBIランドスケープについて情報を抽出します。




ノードやサーバーのタブをクリックするとさらなるそれぞれの分析結果が出ます。




アナライザーはそれぞれのサーバーの指標と設定をチェックできます。もし指標が推奨値を超えているようだと、Ratingの欄に「注意(caution)」や「警告(danger)」という警告がでます

コンテンツ分析

コンテンツ分析は、CMSリポジトリーから重要な指標である、ドキュメントやシステムオブジェクトの数を抽出します。

情報はランドスケープの現時点でのサイズを算出するために使われ、環境のプラン変更をするために役立つ情報の算出に使われます。


スケジュール分析

スケジュール分析は、スケジュールインスタンスの成功、失敗を分析し、スケジュール環境をさまざまな面にもとづき分析します。なぜインスタンスが失敗したのか、レポートはなにが問題を引き起こしがちか、どのインスタンスがもっとも大きいサイズか、などを知らせます。この分析の情報は、監査データではなく、CMSリポジトリーデータにもとづきます。


ライセンス分析

ライセンス分析はランドスケープに存在するライセンスについての情報を提供します。すべての実際の認可された仕様とライセンスにより許されているシステムの使用可能度をしめします。


プラットフォーム探索分析(Platform Search Analysis)

プラットフォーム探索分析は、BIプラットフォームシステム内のプラットフォーム探索サービスに関する重要な構成情報とパフォーマンス情報を提供します。

正しく構成されているプラットフォーム探索サービスはリポジトリー内の探索可能なコンテンツに索引をつけます。エンドユーザーによる検索はレスポンスタイムの悪化とCMSへの負荷をもたらすからです。

それゆえ、このサービスの設定が正しいかどうかは大事なことです。さもなければパフォーマンスが改善するどころか悪化する要因になりかねません。


セマンティック層の分析

セマンティック層の分析はすべてのユニバースとコネクションへ問い合わせを出し、管理されているドキュメントの統計により、ユニバースやコネクションを変更したらどれだけのドキュメントが影響を受けるかを示します。

関係しているコネクションを変更すると、どれだけのユニバースが影響を受けるかを知る有用なツールとなります。

(開発中、もうすぐです。)


アプリケーション・サーバー分析

アプリケーション・サーバー分析は、BIプラットフォームウェブアプリケーションでサービスされているJavaアプリケーション・サービスの情報を抽出します。BI Platform Support ToolはJVMの設定、ヒープエリアの使用率、ガベージコレクション、スレッドの詳細、デプロイされたBOEアプリケーションの情報を、JMXを通じて収集します。

チェックはBIプラットフォームサーバースタックのバージョンに応じてデプロイされたアプリケーションを確認して実行されます。

(開発中、もうすぐ)

入門とトレーニング

このセクションではBI Platform Support Toolとランドスケープ分析レポートをどうやって有効活用するかの、トレーニングとチュートリアルで学びます。

ランドスケープ分析レポートの分析(別リンク)

プログラムオブジェクトとしてBI Support Toolを実行する方法(別リンク)



サーバーの損傷をスキャン

ランドスケープ分析レポートを実行する際、BI Platform Support ToolはそれぞれのBI Platformのノードやサーバーをスキャンします。もし破損が検知された場合、プログラムは問題を解決するアクションをとるべきサーバーを表示します。

CMSデータベースで破損が検知された場合、ランドスケープ分析レポートは問題が解消するまで一時停止状態となります。

さらに、サーバーが壊れた部分をもっている場合、それが予期せぬ動きをひきおこす可能性が高いので、問題を素早く解決するアクションをとるように例外を出力します。

もし、SAP Solution Managerを使いSystem Landscape Directory(SLD)があり、BIプラットフォームに問題が登録されているならば、ランドスケープ分析レポート抽出機能はどのBOEサーバーで起きたか問題を抽出します。

注記: SAP BI Platform Support Tool のダウンロード先は、以下のリンクをご参照ください。

Landscape Analysis Report - Parent (DO NOT DELETE) - Business Intelligence (BusinessObjects) - SCN Wiki

No comments