Skip to Content

Archived discussions are read-only. Learn more about SAP Q&A

異なるバージョンのCrystal Reportが引き起こす現象の解決策について(2)

 以前、u201D異なるバージョンのCrystal Reportが引き起こす現象の解決策についてu201DというSubjectで

このフォーラムに質問をさせていただきましたものです。

前回の回答ありがとうございます。

返信が遅れたためスレッドが閉じたため、別スレッドにて返信をさせていただきます。

前回の質問はこちらのフォーラム内にあるu201D異なるバージョンのCrystal Reportが引き起こす現象の

解決策についてu201Dを参照してください。

バイト数の違いで改行位置が異なるということですが、まだ右端に

一文字分のスペースがありますので、このスペースがなくなる位置で

改行されるようにするような調整の方法はないのでしょうか?

例:

 福田先生、おはようござ |

 います。

 u2193(このようにしたい)

 福田先生、おはようござい|

 ます。

単に出力領域の幅を広げるしか方法はないのでしょうか?

因みに、出力領域の幅は、旧バージョンを使用していた時と

同じとなっています。

また、ついでで申し訳ないのですが、"]"などが出現する文字列の場合、

禁則系の処理が走っているようで通常より「早めに」改行されると

思いますが、この「早めに」の位置がやはり、バージョンの違いで

異なります。

新バージョンの方が、旧バージョンの方より1文字分「早めに」

改行されるようです。

例:

 [福田先生、おはようございま   |

 す。]

 u2193(このようにしたい)

 [福田先生、おはようございます。] |

これも結局、同じ理由なのでしょうか?

何か改善する手段はないのでしょうか?

以上、よろしくお願いします。

Helpful Answer

by
Not what you were looking for? View more on this topic or Ask a question